教育理念・教育目標

教育理念

 
 
建学の精神を貫き、高度な知識技術の修得はもちろん、豊かな人間性を身につけた、看護実践者の育成を目指しています
看護は時代や社会の変化に伴い、その機能や役割は変化してくるものである。しかし、人間を対象とする看護の本質はいつの時代にあっても変わらない。それは、看護が、様々な健康段階にある人々に対し望ましい健康状態を維持していけるように、あるいは病気や障害で苦しんでいる人々に対しては、人権を守り、その人らしい社会生活が営めるように支援するヒューマンサービスという援助活動を行っているからである。この活動の根底には「生命の尊厳と人間愛」がある。本校はこれを基本理念とし、奈良県医師会の「広く地域住民の保健・医療、福祉の担い手」としての社会的使命に基づき、住民の多様化するニーズに対応できる幅広い看護の知識と優れた技術および豊かな人間性を兼ね備えた看護実践者を育成することを目指している。更に、精神の涵養に努め、人としての優しさ・思いやりのある心を育むと共に、主体的に思考し行動する、自ら学ぶ姿勢を身につけることを指導の指針とする。

教育目標

1.人間を身体的・精神的・社会的に統合された存在として、幅広く理解する能力を養う
2.個人の人格を尊重し、専門職業人として倫理に基づいた行動ができる能力を養う
3.保健医療福祉チームの一員として協働し、看護の役割を果たす能力を養う
4.あらゆる健康レベルや発達段階に応じた看護を科学的思考に基づき、実践できる能力
  を養う
5.看護の専門職業人として、生涯学習し続ける基本的姿勢を養う

校歌

校章

 奈良県医師会看護専門学校のVI(ヴィジュアル・アイデンティティ)は、学舎で学んだ学生達が、奈良の大空から羽ばたき飛翔して巣立っていくイメージを表現している。
シンボルマークは、羽ばたき飛翔して巣立っていくその鳥が醸し出す躍動感のイメージのみらならず、奈良にちなみアルファベットのN(エヌ)を想起させるものになっている。そのことに加え、身体における各器官の循環のイメージ、あるいは聴診器を連想させるものとなっている。カラーについては、看護という職域に就く者の専門学校にふさわしいものとして、強さの中に優しさが感じられ、そして最も大切な健康をイメージするものを選んでいる。
デザイン 矢萩喜從郎