学校評価

学校評価
1.自己点検・自己評価の経緯
平成14年3月「専修学校設置基準」の改正に伴い、専修学校は教育水準の向上を図り、目的および社会的使命を達成するため教育活動等の状況について自ら点検及び評価を行い、その結果を公表するよう努力義務化された。
平成15年7月「看護師養成所の教育活動等に関する自己評価指針作成検討会」報告書が示され、自己点検・自己評価は養成所としての「教育水準の維持・向上」と「創意工夫のある教育の追及」を図ることによって、常に質の高い看護師等を養成していく責任と義務があり、「内部的品質保証の仕組み」を持っていなければならないと定められた。
平成23年3月「看護師養成所の運営に関する指導要領」の一部改正に伴い、教育活動その他の養成所運営の状況について、自己点検・自己評価の結果を公表することとされた。
本校では平成24年度に教育活動全般に関する自己点検・自己評価の実施に向けて、その評価項目について自己評価委員会を設け検討してきた。平成25年度から教職員による自己点検・自己評価を実施した。
 
2.自己点検・自己評価の結果
                                       3段階評価 (3当てはまる  2やや当てはまる 1当てはまらない)
評価項目
内   容
評価
教育理念・教育目的
地域性を踏まえ、教育指導の指針となり教育活動に生かされている
2.8
 
教育目標
教育理念・教育目標との一貫性がある
2.8
教育課程経営
社会のニーズに対応できるよう教育内容を精選していると共に看護教育を臨床現場での準備期間と位置づけ看護実践能力の向上を図っている。また、学生の看護実践のため臨床指導者と本校実習指導者との間で役割分担を明確にし、支援体制を整えている
2.6
教授・学習・評価課程
各学年の学習態度、学習傾向、学習理解度等の状況を教員会議で把握しながら、単元目標の達成を意識して効果的な授業展開を行っている
臨地実習については実習要項の見直しを毎年行い、学生が自己課題を持って取り込めるように支援を行っている
2.5
 
 
評価項目
内   容
評価
経営管理課程
組織体制は整っている。明文化された条例、規則や規定のもと運営されている。施設設備を計画的に整備し、教職員の教育環境を整えるよう努めている
2.4
入学
 
 
 
オープンキャンパス、学校見学会等を実施し学生募集活動を行っており、毎年ホームページを更新し情報の提供を行っている
入学後少しでも早く授業になじめるような取り組みを行っている
2.5
卒業・就職・進学
 
 
 
 
国家試験対策を充実させ学生指導を行い、ていねいな個別指導も行っているが、国家試験合格率100%を継続できていない
卒業後のほとんどが県内就職しており県内就職率は95%以上となっている
2.1
地域社会、国際交流
 
 
毎週学校周辺の学生による清掃活動を行っている
本校公開講座の「まほろば歴史文化講座」を年1回から2回開催し、地域住民の方々にも参加いただいたいる
2.3
教員の研究活動
教員は専門分野毎の研修会・学会に積極的に参加するよう努めている。また必要に応じその都度伝達講習会を行っている
2.4
 
 
3.今後に向けて
 (1)学生および第三者による教育活動を評価する体系を整える必要がある
   (2)卒業生の就職先での看護業務と学校教育とのギャップを明確にし、教育活動を改善するための調査等を
       行う体制を整える必要がある